2003編集会議

2002編集会議 

第14回 編集会議 2003・2月〜

早いもので発足から1年が経ちました。1年間に2冊も出版してしまいました(^^;

このめでたさをば‐っとお祝いしたいところですが・・・2月は気象条件が悪いので、ネット上の編集会議・・・(^^)それぞれ、次回へ向けて考えることもあるでしょうから。おおいにメールや掲示板で意見をください。

雪が降ると出かけたくないというのが一番の理由・・・。

 

第13回 編集会議 2003・1・18

というより新年会〜〜〜(^^

ほとんど、単なる宴会・・・穴水町のカキ貝のフルコースは、美味しくて、野趣があり、けっこ評判が良い。生きの良いカキ貝を炭火で焼いてアツアツのところを食べる。カキフライも美味しい!酒もうまい!

能登の手は「涙、涙の新年会」。それを見てメンバーが「なんか感動しているが?」と質問。
「いたた・・・カキ貝が炭火ではじけて目に当たった!」
・・・。くぅ〜〜〜〜。これだけは要注意!

う〜〜〜、何だか、よくわからんが、酒もうまい!そんな中で読売新聞社の取材。参加者5名、みんな好きなことを言い放題。

この会は、そんな会なんだ(^^;

ま、参加することに意義があり、「能登が好き」を出版することに意義がある・・・たぶん。

メンバーには義務もなければも強制も何もない。という、そんな本だが、けっこう評判は良い。各方面から、ちょっとだけ?それなりに?評価をいただいている。(^^)でも、評判が良くても売れるとは限らないのが本。今後も成立するかはまったく不明。

それでも2号まで出版できた。3号は・・・?????(^^;)「この本」を支援する人がたくさんいれば続けて出すことができるだろうし、支援してくれる人が少なければ出ないだろう。・・・たぶん。

本という形に残ることの怖さと、手に取ることの実感を味わった・・・うん。新年を飾るに、ふさわしい編集会議であった(^^;

1月31日(金)、読売新聞朝刊石川県版「文化プラザ」に掲載される予定です。

HOME

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO